前へ
次へ

弁護士が独立する時に必要な費用

弁護士が独立して事務所を構える場合、予算にあわせて開業する方法があります。まず独立するにあたって必要になる費用が事務所です。賃貸を借りると賃料が要りますが、自宅を事務所にすることで費用を抑えることができます。特に賃貸を借りる場合は、最初に保証金が必要になります。保証金は退去時に返還されますが、契約内容によって返還さえる金額が変わってきます。しかし事務所を借りた場合は、利便性が良い場所やキレイな事務所だと依頼主の心象が良くなることがあります。次に必要になるのがスタッフですが、これも一人で全ての仕事を行うことで節約できます。ただし家族を従業員として雇う方法もあり、従業員を雇った場合は税金の控除を受けることができる利点があります。また書類作成やお茶出しのスタッフがいると、仕事に専念できます。さらにオフィスに必要になる机や椅子、パソコンなどは中古を買う方法があります。新品で全てを揃えた場合は、事務所の統一感がでます。このように弁護士が独立する場合には、上記のような費用が主に必要です。費用は予算にあわせて開業して、自分なりのオフィスを構えることができます。

top用置換

top用置換2
Page Top